スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の水道水放射能基準値 その3 ; お騒がせした事へのお詫びと追加

お騒がせしてごめんなさい、とても気になって調べ続けていました。国のやり様は危機対策として違法では無いようです。でも、「あたかも従来の基準」からの発表であるかの言い様に怒りを覚える事に変わりは無く、アメリカ基準の3000倍の近くの基準を、そうとも知らせず押し付けられている事は変わりの無い事実です。

http://viking-neurosci.sakura.ne.jp/blog-wp/?p=5553
WHOの「飲用水の安全性について」は必読
最下部の「おまけ」に注目して下さい。
出来るだけ飲まないで欲しい老婆心。

内部被爆・晩発症状についてご存知無い方がいらしたら、知って下さい。
これも事実です。年寄りは原爆騒ぎから見知っていますが、若い人が心配です。

ヨウ素とセシウムについては検査され報道されていますが、原発からの水蒸気に含まれると言うプルトニウムに関しては、何も報道されない事が気に掛かります。あの報道映像で見続けている水蒸気・煙、アレがソレであるのか否か、調べても分かりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂きとうございます。

ここに届く頃には薄まっているとのこちらの政府発表ですが、それでも今降る雨が気味悪く、現地である日本を想います。

年寄りの杞憂である事を祈ります。


補足
冷静なご回答に心から感謝致します。今回の日本核危機時WHO資料のご提示、ありがとうございます。
(平常時の)WHO資料を調べて逆上しました。危機時は異なる事も初めて知りました。レントゲン10ー15回分の外部被曝と飲む内部被曝を比されても判断のしようが無い素人です。米基準の三千倍近くの数値である事は事実であり、晩発症状については無視で済まされる実際の歴史を見ておりますので、「直ぐに」の言葉に過敏です。 杞憂である事を祈りつつ、そこをお教え願えれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyoko22

Author:kyoko22
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。