スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・知恵袋で尋ねてみました / 原発計画における耐震性の数字はどう決められるのですか?

原発計画における耐震性の数字はどう決められるのですか?
想定以上の地震が起こり得ないという意味ではなくて、人間に対処出来得る最大の科学技術力がそこまでだという数字なのでしょうか?

今回の地震と事故で、M8.2まで想定されその16倍の破壊力に耐えたとの報道を見ました。
ごく最近もっと大きな地震がスマトラで起こり、アラスカやチリも記憶に新しいです。原発開発以前にも巨大地震がありました。
M9以上の地震が何度も起こっているにもかかわらず「M8.2」との数字が決められた根拠は何ですか?

…………………………………………………………………………………………………………


同じような質問をし、「原発耐震設計 誰が決めた」で検索を続ける内に、「誰も知らないわからない」の文字の羅列をたどるうち、ここにたどり着きました。
guragura_earthさん、その節はお世話になりました。キ◯ガイだからそんな考え方をすると罵られ続け人非人として逃げた私は、半世紀後の日本ではまともな人間だったのですね。おかげさまで知恵熱を出して考え続け、ひとつの結論が出ました。

多分ですが、人類の最高科学技術がそこまでなのですよ。新幹線や家とは次元が全く違う話です。しかも、誰かが儲ける為に最高科学技術が目減りすらしている。危険なのは分かり切っているので、それまでに出来るだけ儲けられればそれで良い。惨事が自分の死んだ後である事を祈りつつ…と言うより、たかをくくって。 報道で「M7.4(2?)まで耐震、8まで保つ筈だったのに9でまだ立っているから凄い」と聞きましたが、実際には「M6.5まで耐震、7まで保たせる」設計だったそうです。 しかも40年前に耐用年数10年として作られ、解体する費用が無いから騙し騙し今に至るなんて、ホラーです。 明治の三陸地震 - M 8.2~8.5 すら無視せざるを得なかったのは、もう来たからしばらくは来ないと決めたか。そこらへんの兼ね合いが人類の英知であったと察せられます。人類の英知と財産を全てつぎ込んでも、原発のM10耐震は無理なのではないでしょうか。

M15にも耐えるものを作るべきだったとおっしゃいますが、実際問題として、恐竜絶滅の時のような或いは地球が割れるような天変地異に耐えるようなものが人類に作れると、本気でお考えですか? 繰り返しになりますが、経済問題を抜きにしても、人類の英知は未だそこまで届いていないと思います。理論的に可能とご存知の方がいらっしゃいましたら、無知な私にお教え下さい。

それこそM15を現実として危惧してしまう私には、そんなものに手を出す事自体が理解出来ませんでしたが、誰かが儲ける為と考えれば、悲しいですが、解せます。M15は地球規模の話だからとおっしゃる方もいらっしゃいますが、日本は地球にあります…天体の状況が43億年前とは違うと言われれば解せるのですが、それでも決して起こり得ない事とは誰にも言えません。もちろん地球上は一掃されるでしょうし、その時には放射能汚染など取るに足らないものかも知れませんが、 ソレを生き残った生命があったなら、世界中の原発が1度に壊れた余分のお釣りを貰うのは、私なら嫌です。私の子供ならもっと嫌です。

人類の英知は凄い! 大丈夫‼ とおっしゃる方は http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html を読んでみて下さい。平井憲夫さん (1997年1月逝去。 1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。) 日本の原発創成期から現場監督として20年勤められ、後に放射能汚染によるガンで亡くなった方の遺言のような手記です。

1000年に1度が話題になっていますが、報道でそう騒いでいましたから、その印象が強いのではないでしょうか? 私もそう認識していました。貞観地震 - M 8.3~9.0?[要出典](日本史上最大?)ですね? 当時は未だM8代(台?)の発表でしたから、日本史上最大の記録を超えたからには1000年に1度理論は崩れたようです。

少しの資料と頭の中だけで組み立てた、ド素人の考察です。至らないところはご指摘いただけましたら幸いです。よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyoko22

Author:kyoko22
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。