スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・知恵袋で尋ねてみました / 「今回の地震は日本では100年以上起きていません。それを想定するのは現実的ではないのでは?」と思われる理由をお聞かせ下さい。

「今回の地震は日本では100年以上起きていません。それを想定するのは現実的ではないのでは?」と思われる理由をお聞かせ下さい。
100年どころか1000年以上も前の貞観三陸地震(M8.3~8.6、869年)を超えておりますが、放射能の半減期を思いますと、100年を語る意味があるのでしょうか? 放射性廃棄物の半減期を思うと、1000年を想っても意味が無いようにすら思えます。想定自体の意味がわかりません。

【放射性廃棄物は、半減期の長い長寿命核種(特に、マイナーアクチニド (MA) のネプツニウム、アメリシウム、キュリウムには、半減期が数万年に及ぶものもある】(Wikipediaより) ちなみに、猛毒性の最たるプルトニウムの半減期は数年から数千年とか。(ブリタニカより) 数年である事を祈って済ませますか? ある種の放射能の半減期は数百億年(数千億年?)とされています。出典は忘れましたが、M15だったと言われる41億年前が最近のようにすら思われました。放射能の種類も毒性も半減期も、現在の科学で解明されているだけのものです。チクロを美味しく食べ(美味しかったのよ、禁止以来コーラが美味しくなくなりました)、石綿付き金網が小学校の標準装備であった(「科学」の付録で私も持っていました)世代の私には、現代の科学が全てを解明していると誤解出来ません。もっとお若い方でも思い当たる事はたくさんおありでしょう。

「新幹線の橋脚にひびが入っていますね。今回は想定外なのです。」も、次元の違う話に思われます。満席の新幹線が落ちて乗客全員が亡くなっても一過性の事故ですが、原発事故となるとそうは行きません。新幹線事故なら死傷者及び遺族への補償で済みますが、数千年数万年、あるいはもっと後までの補償が叶うものでしょうか? しかも、地球は人類だけのものではありません。

「M15に耐えられる構造物ができるとしても採算性がとれません。」
人類の英知と財産を全てつぎ込んでも出来るとは思いませんが、採算性がナンボのものなのでしょう? 今回の事故だけでも採算性で蒙るであろう損失は如何ほどのものなのか。現在の銭勘定で人類のみならぬ地球の未来を奪ってチャラなのが、採算性という言葉の意味なのでしょうか?

「このような不完全な原発に電力を頼ざらるような身の程以上の電力」以下ですが、同じ事を半世紀前に言われました。半世紀前の生活をして、助けにはなっても解決する問題とは思えません。

折伏・論破の意図は全くありません。「普通」の方のお気持ちお考えをお聞かせ頂きたいとだけ願っております。よろしくお願い致します。

この質問は、kiyoshinycさんに回答をリクエストしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyoko22

Author:kyoko22
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。