スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・悪魔の申し子事件

幼稚園からキリスト教系でしたが、中学の時に同級生がシスターに尋ねました。「神様が世界を作られたのなら、悪魔も神様が作られたのではないのですか?」シスターは逆上なさり「悪魔の申し子!」と金切り声をあげられました。
「誰だって普通にそう思って当たり前。でもそれがキリスト教のジレンマなのだから、末端の人に尋ねても答えられる筈無いのに。私は本当に知りたいから、大きくなってそれが解るようになる学校に行って学者先生にでも尋ねれば良いのかな?それにしても金切り声でご信者さんを悪魔の子と決めつけるシスターも大人気無い。」そう思った私はませていたのか幼稚なのか。
その頃にはもう知っていた筈なのに、今回の原発事故で私がいきり立ったのはその同級生と同じ事をしていたのだと気付きます。思っても言ってはいけない事がある。子供のまま「自由の国」に来ると、言うのは自由。そのまま後過半生を過ごして来た事で、すっかり忘れていました。当時の日本では、大学を出た程度の素人はお上のなさる事に口出し無用でした。(私の居た環境と日本全般の区別が付きませんが。) こちらに来て、学も無さそうなお乞食さんが蕩蕩と政治を語る事に驚いた事を思い出します。

「費用対効果」の一言で、得られたものを遥かに上回る被害に損をする事になった後になっても「正しい!」と言い張る人が理解出来なかったのも、「言い訳する前に謝れ! 人として最低だぞ‼」と言われ「人はまず謝ってから理由を説明するのが人として最低の規則」と信じていた故。子供でもひとりの人間として人権が認められるこちらでなら、まず謝ってから事情を説明して理解を求める「形」を取るのが「普通」と見知っていたので何の矛盾も無く来ましたが、日本はそうで無いらしいと知りました。 親が「まず謝れ」と言い切ったのは、思い通りにならない人の世で唯一思い通りに扱えるのが子だけだったからこそと、初めて気付きました。(今から思えば、親は謝るどころか説明もしませんでした。) 謝りもしない事を不思議に思うそのままで世間様に出したなら、阿呆さん以外の何者でもありませんね。私は阿呆さんです。
謝ってしまうと自分の信じ頼っている世界が崩壊するから「正しい」と思い込むしか無い程の大惨事でもあったのかも知れません。もっとつまらない事でなら気軽に謝れても…日本の人はつまらない事なら謝るのか? 「日本人は習慣ですぐに謝ってしまうから外国では裁判で不利になる、外国では絶対に謝るな」と聞いて「いや、ソーリーのパードンのと煩い程、外人もまず謝るけど…」と思ったのは、裁判になるような深刻な事態で無い場合なのでしょう。要は「時と場合」、どこの政府も補償問題に繋がるような時には絶対に謝らないのが「普通」ですから。
おとなのせかいってむずかしいなあ。

世間様と関わらず「私とは何か、私は何処から来たのか、私は何処に行くのか」だけを考えて生きて来ました。後にそれを瞑想法のひとつと知りましたが、私は誰に教えられる事も無く瞑想の人生を送って来たのでしょうか。私の事なら誰に何を尋ねたり了解を求める必要も義理も無かったので、ネットで初めて世間様と繋がり、驚く事ばかりです。

「1+1=2」と考える事を学校で習い自分で自分の問題に取り組んで来ましたが、世間様相手となると「この1はこんな1と考えて、世間様的には間違いありませんでしょうか?」から確かめないと不安。世間様の誰かの確認了承を得ずには考える事が不安になるなんて…放射能問題よりも根源的な不安です。だから、関わる事自体を止めたのでしたっけ。

反原発と言っても出来てしまったものを止めさせるのは無理だろうと、反対も賛成も無い「無関係」なところで生きようとしました。インフラも届かない地でのテント住まいで泉の水を薪で沸かしパネルとディッシュでPCを使っても、このPC自体が原子力で作られたものであり、自給出来ないものを買う限り、無関係でいられない矛盾があります。鋤を手に土にまみれても、その鋤が外光差し込む納屋で作られたとしても、鍛冶屋さんが電灯の灯る家に帰るなら、同じ事です。電気を使うな日本から出て行けと言われ、出て使わずに生きたら胸を張って居られるだろうと思いましたが、そうも行きません。それでも比すれば矛盾は小さくなりました。
未だに文明と無関係で森に生きる地の人も、大気を共有する限り知らずしてアオリを食う事を思うと、出来るだけ関わらず知りつつ滅びる方が、私は救われます。これで良かった。

半世紀前と同じ「嫌なら云々」の声を聞く度に、私も結構頑張ってちゃんと生きて来たと安心し満足出来る事は、幸せです。電気と物資を潤沢に享受する代わりに思考停止を強いられる方が幸せな人が大多数なのでしょうから「どっちも良いなら良い。」もっとも、自由に思考発言し放題で無理無く居られるのが「普通」なのでしょうが。
M15に耐える原発を建てる (科学的に発想すれば無理なのは一目瞭然!) べきだったと言っても基地外扱いされなくなった今の日本は、確かに変わりました。
絶対安全は絶対に無理なのに、そもそもどうして手を染めるのかなあ。反原発以前に謎でしたが、人類のカルマなのだろうと思うようになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyoko22

Author:kyoko22
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。