スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 / 性懲りも無く知恵袋・電気を使いたいなら原発推進が不可欠?

原発推進派の方はコストを理由に太陽光利用を却下されますが、例え事故が起こらずとも、ウラン枯渇後も管理維持に人類の寿命を思えば永遠に掛かり続けると言う莫大な費用に比せば、微々たるものであろうと考えます。私に詳細な計算をする能はありません、間違っておりましたらご指摘下さい。

石油からの脱却を目指しての原子力なのでしょうから火力は置くとして、推進派の方が仰る陽力・風力・水力・潮力・地熱利用の不利理由は、子孫に委ねるべき致死的な問題を残さないだけの事を採っても、原発と同じ土俵の話とは思えません。
「想定外」の被害を無視するにしても、廃棄物については後世の科学技術進化に期待? これが個人の相続なら相続拒否で済みますが… 拒否も出来ずに押し付けられる貴方のご子孫の身になってみて下さいませ。
原発推進は、「原子力を完璧に制御」出来る世になり絶対安全神話が現実になってからの話ではありませんか?

電気を使いながら文句を言うなのご意見には、http://kyoko22.blog40.fc2.com/blog-category-1.html アスペルガー婆の「雑記 / ウチの電気事情」でご理解を頂けますように。

老い先短い我が身が幸いと思わざるを得ない現実が悲しく、これからの方々が不憫でなりません。無教養で無知な婆の思い付きの戯れ言とお思いでしょうが、阿呆な婆でもこれ位の事は思い付いてしまいます。
有識者の皆様のご教授を、切にお願い申し上げます。

雑記 / ウチの電気事情

陽光パネル2枚と蓄電池で、1日 (8時間前後) 晴れれば12W (蛍光灯、40Wの白熱灯相当。年寄りでも老眼鏡があれば本を読めます。17Wなら60W相当) の電灯1つ2つ位と陽がカンカンに当たっている時に炊飯器程度なら、48時間位は使えます。しかもパネルはメインテナンス要らず。要るのかも知れませんが、素人がネジを締め直す以上の何もした事無しで20年の実績です。
20年前のパネルですが、陽が未だ差さない朝や多少の曇りでも多少は電気が入り、1日置きに晴れればやって行ける勘定です。友人宅では同じく古いパネル8枚で、1家5人で24時間電気を使い続ける冷蔵庫を使って暮らしています。雨が続くと無理ですが、ウチではガソリンの発電機で3時間程で1日陽が差す分の電気を貯められます。個人用の風力・水力発電機で補充するお宅もあります。他人様任せの停電はあり得ません。仮に予兆に気付かず蓄電池が突然死んでも、買いに行く日が電気の付く日。(5年保証で10年は使っています。1度買い換えました。) 明快極まりません。
日本の普通の皆さんの生活とは全く違います。私と同じ生活を誰もがすべきだとは思いません。酔狂な趣味ですから。でも、電灯も炊飯器も電子レンジ (趣味に合わず捨てました)も掃除機も洗濯機もアイロンもドライヤーもテレビもPCも複数のDVDレコーダーも家から2キロも行けば使える携帯電話も、使っています。

だからと言って、みんな私等のように暮らせば良いのにとは申しません。酔狂な趣味ですから。でも、こんなのは如何でしょうか?
日本の普通の暮らしについて数年前に日本の情報番組で見ましたが、お金持ちは当時の最新パネル12枚で電力会社に余剰分を売れるそうですね。お金持ちが普通に暮らしながら、電気の出入表示を見ていると、ついつい節電してしまうそうです。 昼間に売って夜は買い、何年で減価償却と言っていましたから、無理せず無駄使いしないで売らなければ、夜も雨の日もある程度は賄えるのでしょう。

お金持ちが何百万円も払って設置するまでも無く、2枚から始めた貧乏人からの報告でした。

太陽のみならず、日本は世界でも有数の発電資源大国です。地熱・風・水・潮流、全てに於いて。全てを何かで安定供給すべきであり何ひとつ使い物にならないとのご意見は、それこそ洗脳の結果と、実践生活者の立場で断言致します。
そんなの無理だとは、どなたに教えられてのご信心でしょうか? 偉い人?

雑記 / ウチの「無公インフラ」と知恵袋

無公インフラとは、公のインフラは無いと言う意味です。水・電気・ガス・電話・ゴミ、全て個人で自給自己処理が否応無い、極僻地での流儀です。
好きでやっているので、政府に「インフラを寄越せ」など思いも依りません。推定人口数百人の住人は都会出身高学歴の方が多いです。 ウチは東南の見晴らしはとても良いですが、見渡す限り我が家を除いて人造物が見えない山の中です。場所で見晴らしの差異はあれ、ここでの普通です。
自己インフラについては後で書きたいと思います。
………………………………………………………………………………………

水不足でお風呂に(極限的に)不自由しておられる方、いらっしゃいますか?

スポンジバスをご存知ですか?
スポンジでも手拭きタオルでも何でも良いのですが、水(湯)で絞って身体中を擦り拭きます。何度も濯ぎながら黒く汚れていく水を見ると、その分体が綺麗になった事を実感出来、驚くほどスッキリさっぱり気持ち良くなれます。余裕があればスポンジ・タオルを2個・2枚使い、最初に絞ったものを取っておいて、顔などの仕上げにするとより気持ち良いです。ボールに半分の水でも、やらない事を思えば雲泥の差です。汚染さえ無ければ雨水で充分。大事な飲料水を使わずに済みます。晒しの日本手拭いが最高です!
多少寒い室内なら裸になっても、湿布摩擦と同じ事ですからポカポカして来ます。
もっと寒いなら、部分部分で肌を出すようにすれば、出来ます。
熱源があるなら、足湯を兼ねると最高です。
汚らしそうでしょうが、汚いよりもずっと良いと断言出来ます。

昔から世界中の水に不自由な地域では普通に行われている方法です。(私も何年も…)
普段なら考えられないでしょうが、こんな際ですから、少しでもお役に立てればとお知らせしてみます。

isinn758staionさん、もう断水は解消されましたか?
貴方の状況がここまでとは思わず、風呂屋やホテルなど都会ならどうでも仕様があるかと思いますが、今日もまだお風呂を使えない被災者の事を聞き、多少の助けにはなるかと書きました。もしもまだ断水でしたら、お風呂を使えるチャンスの合間にでもお試し下さい。

皆様、ご自愛下さいませ。

この質問は、isinn758staionさんに回答をリクエストしました。
別の質問にお答え下さり断水でお困りとの事でしたので、この方に宛てて載せました。お返事を頂き、夜中にチョロチョロと便器の貯水タンクに落ちる音を聞いて飛び起き、試験注水ならいつ止まるか知れぬと、お風呂に貯め始めたそうです。多分暖かい部屋と布団と充分な食料をお持ちの方ですが、被災地の方々は…
…………………………………………………………

知恵袋です。余りにもつまらない事で、誰でも知って生まれいざとなればやっている事だろうとすら思わずにいましたら、「8日間の汚れで堪らない」との地震津波被災者でも無い断水被害者の談を聞き驚愕。お風呂に浸かれないの意であろうと望みつつ、万が一の危惧に書きました。生理用品やトイレに困ると聞いては危惧が募ります。
日本を出て以来生理用品なんて使った事もありません。サバイバルと言うよりも、かぶれと悪臭が堪らず、ボロ裂を洗って使いました。もう要らなくなってスッキリ。水が無くて使い捨てるボロが無ければお困りだろうと思っていましたら、NHKで「布オムツとレジ袋でどーだ! 」洗濯に月経血より水が要りそう… 糞便は畑に入りますが、土の無い所にお住まいの方にはどうしようもありませんね。私には住めませんでした。

水ですが、泉の水をパイプで引くまで数えてみれば、10年上記の方法でした。初めは庭の日当たりの良い所のホースの中で暖まった水がご馳走で、お湯浴びはお天気の昼間に限られました。もっと遠くの川から引き水量を増やし、プロパンガスの湯沸かし器でお風呂を使えるようになって、今で15年程。すっかり鈍ったのでもう文明人に近いです。それでも通って来た道は手に取れる程の近くで、寒波で断水すると即、雪を集め家に入れて溶かし、スポンジバスですから。川の水を引くようになって、浄水器を使うようになりました。都会向けの簡易型では無く、難民キャンプで使われるまともなものです。
これがあれば、断水地域でも雨水や川の水が飲めるのに…放射能汚染となっては手も足も出ません。

雑記・悪魔の申し子事件

幼稚園からキリスト教系でしたが、中学の時に同級生がシスターに尋ねました。「神様が世界を作られたのなら、悪魔も神様が作られたのではないのですか?」シスターは逆上なさり「悪魔の申し子!」と金切り声をあげられました。
「誰だって普通にそう思って当たり前。でもそれがキリスト教のジレンマなのだから、末端の人に尋ねても答えられる筈無いのに。私は本当に知りたいから、大きくなってそれが解るようになる学校に行って学者先生にでも尋ねれば良いのかな?それにしても金切り声でご信者さんを悪魔の子と決めつけるシスターも大人気無い。」そう思った私はませていたのか幼稚なのか。
その頃にはもう知っていた筈なのに、今回の原発事故で私がいきり立ったのはその同級生と同じ事をしていたのだと気付きます。思っても言ってはいけない事がある。子供のまま「自由の国」に来ると、言うのは自由。そのまま後過半生を過ごして来た事で、すっかり忘れていました。当時の日本では、大学を出た程度の素人はお上のなさる事に口出し無用でした。(私の居た環境と日本全般の区別が付きませんが。) こちらに来て、学も無さそうなお乞食さんが蕩蕩と政治を語る事に驚いた事を思い出します。

「費用対効果」の一言で、得られたものを遥かに上回る被害に損をする事になった後になっても「正しい!」と言い張る人が理解出来なかったのも、「言い訳する前に謝れ! 人として最低だぞ‼」と言われ「人はまず謝ってから理由を説明するのが人として最低の規則」と信じていた故。子供でもひとりの人間として人権が認められるこちらでなら、まず謝ってから事情を説明して理解を求める「形」を取るのが「普通」と見知っていたので何の矛盾も無く来ましたが、日本はそうで無いらしいと知りました。 親が「まず謝れ」と言い切ったのは、思い通りにならない人の世で唯一思い通りに扱えるのが子だけだったからこそと、初めて気付きました。(今から思えば、親は謝るどころか説明もしませんでした。) 謝りもしない事を不思議に思うそのままで世間様に出したなら、阿呆さん以外の何者でもありませんね。私は阿呆さんです。
謝ってしまうと自分の信じ頼っている世界が崩壊するから「正しい」と思い込むしか無い程の大惨事でもあったのかも知れません。もっとつまらない事でなら気軽に謝れても…日本の人はつまらない事なら謝るのか? 「日本人は習慣ですぐに謝ってしまうから外国では裁判で不利になる、外国では絶対に謝るな」と聞いて「いや、ソーリーのパードンのと煩い程、外人もまず謝るけど…」と思ったのは、裁判になるような深刻な事態で無い場合なのでしょう。要は「時と場合」、どこの政府も補償問題に繋がるような時には絶対に謝らないのが「普通」ですから。
おとなのせかいってむずかしいなあ。

世間様と関わらず「私とは何か、私は何処から来たのか、私は何処に行くのか」だけを考えて生きて来ました。後にそれを瞑想法のひとつと知りましたが、私は誰に教えられる事も無く瞑想の人生を送って来たのでしょうか。私の事なら誰に何を尋ねたり了解を求める必要も義理も無かったので、ネットで初めて世間様と繋がり、驚く事ばかりです。

「1+1=2」と考える事を学校で習い自分で自分の問題に取り組んで来ましたが、世間様相手となると「この1はこんな1と考えて、世間様的には間違いありませんでしょうか?」から確かめないと不安。世間様の誰かの確認了承を得ずには考える事が不安になるなんて…放射能問題よりも根源的な不安です。だから、関わる事自体を止めたのでしたっけ。

反原発と言っても出来てしまったものを止めさせるのは無理だろうと、反対も賛成も無い「無関係」なところで生きようとしました。インフラも届かない地でのテント住まいで泉の水を薪で沸かしパネルとディッシュでPCを使っても、このPC自体が原子力で作られたものであり、自給出来ないものを買う限り、無関係でいられない矛盾があります。鋤を手に土にまみれても、その鋤が外光差し込む納屋で作られたとしても、鍛冶屋さんが電灯の灯る家に帰るなら、同じ事です。電気を使うな日本から出て行けと言われ、出て使わずに生きたら胸を張って居られるだろうと思いましたが、そうも行きません。それでも比すれば矛盾は小さくなりました。
未だに文明と無関係で森に生きる地の人も、大気を共有する限り知らずしてアオリを食う事を思うと、出来るだけ関わらず知りつつ滅びる方が、私は救われます。これで良かった。

半世紀前と同じ「嫌なら云々」の声を聞く度に、私も結構頑張ってちゃんと生きて来たと安心し満足出来る事は、幸せです。電気と物資を潤沢に享受する代わりに思考停止を強いられる方が幸せな人が大多数なのでしょうから「どっちも良いなら良い。」もっとも、自由に思考発言し放題で無理無く居られるのが「普通」なのでしょうが。
M15に耐える原発を建てる (科学的に発想すれば無理なのは一目瞭然!) べきだったと言っても基地外扱いされなくなった今の日本は、確かに変わりました。
絶対安全は絶対に無理なのに、そもそもどうして手を染めるのかなあ。反原発以前に謎でしたが、人類のカルマなのだろうと思うようになりました。

雑記・知恵袋で尋ねてみました / 費用対効果について教えて下さい。

費用対効果について教えて下さい。
国家が絡むと、あたかも神の叡智と無尽蔵の資金がありそうな気がするようでわからなくなるので、身近に考えてみました。これなら私にも解りそうなのですが、貴方に解りにくい例えでしたら申し訳ありません。
想定外として無視すれば良いらしいので、放射能被害補償の事は敢えて置きます。

爺さんの生涯の夢を叶えようと、法定耐震を満たした100年住宅を建て、お前も住めると小さい孫にまで借金を被せるとして下さい。想定外の地震で更地にするにも莫大な金が掛かるまでに壊れた場合、法定耐震以上を満たす家が開発された事はニュースで知っていても、リストラされ自分が住む家すらも失った息子が「お前の為に法定耐震のものを建てたのだから想定外だった、あれで良かったんだ」と祖父も親も支払えないので自分の孫まで借金に苦しむ事になる孫に言い、学校で恐竜絶滅を習ったばかりの孫が「恐竜が滅んだの父さんも知っていた筈だ」と責める。

M15にも耐える原発を建てるべきだったとの意見は、この孫に似ていますか?

更に「 僕は一生アパート暮らしが良いと言ったのに大きくなればわかると言って無理に建てたくせに!」を加えると、反原発の意見に似ますか?

「壊れたらもっとお金が掛かるから半分建った家を壊せ」(反原発の意見?) には、自分の家を建てる甲斐性無しの他人事であったとしても「それは無理だろう」と、私でも思いますが、孫の身になれば、地震の後で費用対効果を言われたら余計に混乱します。
お金を稼いだ事も無い孫が激怒する費用対効果論とは、これに似たものでしょうか?

これではお話にならないでも構いません。例としての前提がとんでもなく間違っていましたら、お教え頂ければ幸いです。

度々申し訳ございません。ご専門は違いましょうが、社会常識をお持ちのご様子に甘え、お尋ねします。
どうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

kyoko22

Author:kyoko22
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。